カテゴリ

  • 自分が変わりたい方
  • 心理カウンセラー コーチになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年5月

ブログ 2016年5月

良質な睡眠のために朝日を浴びるという方法

●良質な睡眠のために朝日を浴びるという方法

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕洋(いわぶちひろし)です。

皆さん、夜はぐっすり眠れていますか?

良い睡眠は身体にも心にもいい影響を与えます。

良い睡眠をとるための一つに、朝日をあびるということがあげられます。

64713c317c7bbfa499fb8e2aa75b5d85_s.jpgのサムネイル画像
【朝日をあびて体内時計をリセットしよう】


人の体内時計は25時間設定だそうです。

でも、体内時計は、日にあたることで、それを毎回リセットするそうです。

ずっと日光に当たらない生活をしているだけで、体内時計は狂います。

夜勤が多い方や、昼夜逆転の生活をしているとだんだん不調になってくるのは、このせいです。

体内時計が、25時間サイクルで動くので、起きなきゃいけないときに眠くなったり、ずれてくるんですね。

そうすると、睡眠障害になったり、日中ぼーっとしたりする可能性があるんですね。

朝日をあびることで体内時計をリセットすることが、日中の心や体の状態を良い状態にキープする秘訣なのです。

【朝日をあびて良い睡眠をとろう】

そして、朝日をあびることで、心を穏やかにする脳内物質セロトニンが出ます。

そして、このセロトニンが、夜寝るための物質を作る材料になっているんです。

ですから、朝日をあびることの良い点はたくさんあるんですね。

セロトニンはうつ症状の予防や改善にも役立ちます。

また、東北地方やヨーロッパの北欧あたりで冬季に季節性のうつが多いんです。

それは、日照時間が少ないためということがわかっています。

いろんな心の不調や不眠など、多くの部分でセロトニンを出すということで改善されることが多いのです。

こころがつらいというあなたは、朝日にあたって、セロトニンを出すベースを作ってくださいね。

セロトニンが出るベースが出来ると、心穏やかに過ごせるベースが出来るということです。

ぐっすり眠れて、すっきり起きるということが出来るようになって元気になりますよ。

これが、出来るようになったら、カウンセリングもばっちり効きやすいです^^

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像


やる気はあるけど、やる気が出ない...そんなあなたへ

●やる気はあるけど、やる気がでない…そんなあなたへ

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

やる気はあるけど、やる気がでない…

皆さんは、こんなことはありませんか?
a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s.jpgのサムネイル画像・仕事を頑張らなければいけないけれど、いざ出勤するとやる気が出ない

・部屋を片づけなければいけないけれど、頭が回らない、手につかない


いかがでしょうか?

「前は出来たんです」

「昔はやる気があったし、その時は仕事の成績も勝手にあがっていたんです。」

「調子がいい時はできるんです」


などなど。

でも、いざその時には身体や心が言うことを聞かない。

なにが起こっているんでしょうね?

いくつかあげられますが、

・日常的に疲れてストレスが溜まっている

これは、ベースにあると思います。

脳の神経はストレスで興奮状態が続くとカンタンに言うと「オーバーヒート」します。

必要な神経伝達物質が枯渇して、でなくなるんです。

いわゆるうつ症状ですね。

ストレスに長い間さらされていると、傷ついた心の回復や修復の時間が足りなくなります。

スポーツ選手でも「オーバーワーク」するとパフォーマンスが出ません。

「疲労骨折」なんてこともあります。

要は、ちゃんと「脳」的に休まる時間が絶対的に足りないんです。

これが、まず一つ。

違う観点で言うと、やる気があるけど、やる気が出ないというのは、やる「意思」はあるけれど、やる「気持ち」がでないとも言えます。

意識としてはわかっている、でも、気持ちは無意識の分野です。

気持ちが付いていかない…ということを聞いたことがあると思います。

実は、気持ちは「意識的にわざと出せる」ものではありませんよね?

ですから、普通はこれが当たり前に起きてしまうんです。

気持ちは、無意識の分野です。

意識的に無理におこなっても、長くは続きません。

「嫌なものはイヤ」と自然と感じる部分なのです。

やっかいですよね?

だからこそ、意識でコントロールや支配というのは本当は難しいのです。

では、どうにもできないのか?

最初にお伝えしたところでは、睡眠をとれば良いと思うでしょう。

でも、「質の良い睡眠」でないと回復や修復が起きません。

また、日常的に「副交感神経」よりの時間を増やした方が回復修復はおこなわれます。

起きている時間に、たとえ10分でも、本当の意味でのリラックスをすることです。

また、気持ちを引き起こすという点では、言葉ではお伝えづらいのが残念です。

私たちは、無意識にアクセスして、このやる気が出ない部分に対してNLPワークをおこないます。

8a90b429c06b61a33342e22cec824b78_s.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像・無意識の葛藤であればそれに対するNLPワーク

・ハイパフォーマンス状態を使うNLPワーク

・良い心身の状態を出すNLPワーク


などなど、多くのことをすることが出来ます。

実際に、やる気が起きないで困っている方は、多いものです。

あなただけではないんですよ。

でも、きちんとした改善方法を知ることで、昔のパフォーマンス以上の自分を引き出すことは可能なのです。

よろしければ、メルマガで秘訣をお伝えしていますので、ご登録くださいね。^^

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像

6月東京、7月大阪 NLP週末コース募集のお知らせ

カウンセラー資格・カウンセリングを学ぶ 日本NLP学院

advancedNLP講座 募集のお知らせ

NLPの進化版advancedNLPの本質に触れられるのはココだけ!

adc625926bc91cf55aae6f5699e3eb96_s.jpgのサムネイル画像
・チェンジファシリテーター基礎コース

・初級講座(基礎コースの半分)


東京週末コース 6月25日(土)から

大阪週末コース 7月2日(土)から開催されます!!


(募集は5月25日(水)20時からこちらのメルマガで開始です。^^)

コースで学びながら、無意識からの変化で自分も根本的に変わる!

本当に不思議です。

自分がだんだん穏やかになって、自然と薬に頼らなくなってしまいました。(30代女性)

本当にリラックスする方法を知ったら、よく眠れるし、薬がなくてもリラックス出来ます。^^

親との課題があって、自分の自信のなさに取り組みました。

知らないうちに、何で悩んでいたのか「?」てなりました。

気が付くと、どんどん変化しています。(40代男性)

そうです。

人は変化が始まったら、どんどん進みます。

あがり症、対人恐怖症がなくなってしまいました。^^(40代女性)

初級が終わるころには、みなさんそんな感じですよね。

客観的になるって方法があるんですねー。

なるほど!の反面「ほとんどの人が知らないなぁ」と残念です。

友人にやったら、やっぱり「何これ!!」って驚いていました。(30代男性)

宿題をご友人にしていただいたんですね。

ありがとうございます。

びっくりしますよね。

アダルトチルドレンって特に思っていなかったですが、親は必ず一人につき二人。

私の根本的な課題は、どうやら親のようです。^^;(40代女性)

そうなんです。

アダルトチルドレンに取り組むことで、あなたは「自分」だけの足で歩けるようになります。

リピート率高いですよね。

私もその一人ですが、やればやるほど、楽しいです。

そして、課題に対して「辛くなる」ことが少なく解決しますね。

辛いことを、軽く処理しちゃう感じです。(50代女性)

そうです。

解決に対して、負担が少ないんです。

クライエントさんが申し込んできました!!(30代女性)

早いですね。^^

学んでから一年ちょっとで集客が見えましたね。


チェンジファシリテーターの授業は、advancedNLPベース。

他のことは、ほとんどやりません。

なぜなら、

これ一本で、悩みの解決(カウンセリング)から望ましい未来の実現(コーチング)まで出来るからです。

当スクールでは、アダルトチルドレンの方におススメしています。

でも、実は、すべての人に親は二人という現実があります。

あなたの親からの影響を癒すことは、あなたの人生を変えるのに、とても深く関わっているのです。

そして、そこに気が付いたら、早く変化を起こせるのです。

そして、トラウマや対人恐怖症など一見時間がかかりそうな症状も、早く癒せます。

なぜなら、無意識から脳の仕組みへのアプローチが可能だからです。

確かめたい方はNLPスクール体験説明会へお越しくださいね。


NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中


心がつらいから抜け出すには深呼吸が基本の方法

●心がつらいから抜け出すには深呼吸が基本の方法

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕洋(いわぶちひろし)です。

すごーくシンプルなお話をします。

誰でも、焦ったり不安だったり、泣いたり、怒ったり、そんな時誰かに

「深呼吸してごらん」

って言われたことありませんか?

知ってるよーっと100%みなさん答えます。

NLPの講座でも、研修でも(笑)

でも、真面目に深呼吸に取り組んできた人はいますか?と聞くと…。

しーん…

自信を持って言えます。まず、100%いません。(笑)

9d06d89715aec684f45ad2bff1a708b3_s.jpgのサムネイル画像わかります。

私もそうでしたから。^^;



あなたのために!騙されたと思って!

毎日、少しの時間(5分とか10分とか)でいいので、「ゆったりとした呼吸をする」ことを実践してください。 


その時に、自分の身体も気持ちも穏やかになることを、実感してほしいと思います。

この記事でお話しする呼吸のことは、たくさんの人々が共通して伝えている大切なことです。

例えばマインドフルネス(座禅、瞑想)、脳科学、心理学、カウンセリング、セラピー、ヨガなどなど。

スポーツでも、酸素の効率よい使い方なんて考えられていますよね。

なので、決して「ふーん」で済まさずに実践してほしい部分です。

そんなちょっとした、誰でも出来ることで穏やかな心を持ち続ける一歩になるからです。

「深呼吸」=ゆったりとした呼吸をしながら、吐く方を細く長めにします。

気持ちが落ち着くまで、そんなに時間はかからないと思います。


例えば、こんなことを思い出してください。

焦っている時、つらい時、苦しい時、悲しい時、怖い時などなど、どんな呼吸をしてますか?

きっと、前かがみになって、胸で、浅い呼吸をしていませんか?

では、逆に、落ち着いている時ってどんな呼吸をしていますか?

きっと、良い姿勢で、胸が広がって、お腹で深い呼吸をしていませんか?

「落ち着くために、まず、深呼吸をしなさい!」ってけっこう言われますよね。

世の中になんとなく広がっていて、誰でも知っていること。

でも、世の中の大半の人が知っているのに、軽く見ていること。

本当に大切なことは、「シンプル」なんです。

これを実践すると、身体が落ち着くという状態をもっと意識して出来るようになります。

心穏やかになるベースが出来るのです。

ベースがあると、カウンセリングやセラピーなどの効き目があがります。

adc625926bc91cf55aae6f5699e3eb96_s.jpgのサムネイル画像短時間で、比較的に楽に、つらい状態を消したり、抜け出したりすることが出来るんです。

毎日の日常の中で、自分の呼吸に気が付きましょう。

でも、ずっと気が付くことは必要ありません。たまに、気が付いてください。

呼吸を止めていることがありませんか?浅く早い呼吸をしていませんか?

そんな時どんな気持ち、感情ですか?おそらくネガティブではありませんか?

もしも、落ち着くことが必要であれば、すぐに「深呼吸」をしてください。

どんどん、気持ちが落ち着いていきます。人間はそういう機能を備えています。

深呼吸をすると脳内物質のセロトニンが出ます。

でも、日常的に落ち着いた呼吸をしていない人は、セロトニンが出にくくなっています。

出にくい人が急につらい所から抜け出すことは、やっぱりちょっと時間がかかります。

セロトニンが出やすくなっているベースがあれば、比較的に早くつらい所から抜け出せますよ。

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像

復職再就職支援 一般社団法人リエンゲージメントでのNLPプログラム

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。

月に一回、一般社団法人リエンゲージメントにてメンタルダウン再発防止のための研修をおこなっています。

リエンゲージメントは、メンタルダウンされた方の復職再就職支援をしています。

6dcf78a1190d3171b6752b37c5087691_s.jpgのサムネイル画像その中の特別プログラムにチェンジファシリテーション=アドバンスドNLPのワークをさせていただいております。

主にメンタルダウンの再発防止、予防のための関わりです。

ご利用者の皆様は、わきあいあいと楽しく取り組んでくださいます。


皆さんは、メンタルダウンというのは「ぶり返す」ということを聞いたことはありますか?

メンタルダウンで、会社を休んだり、やめたりした。

離れていて数ヶ月、元気になって同じ会社や、別の会社で働きだす。

でも、また、数ヶ月したらダウンしてしまった。

何が起きているのでしょう?

私たちのチェンジファシリテーション的に言うと、「パターン」が残っているからと言えます。

「犬に噛まれた方が犬が嫌い」

これは、当たり前のように思いますが、職場のメンタルダウンも同じことが言えます。

そして、それを解消するためには、個々のネガティブパターンを解消する必要があるのです。


リエンゲージメントの利用者様とお話をしていて思うことがあります。

「会社の人間関係でのネガティブなことがら」というパターンが多いということ。

そして、ここが重要なのですが、

「親のネガティブな影響を引きずっている」というパターンも、ものすごく多いということです。

そもそも、親の影響で

・自信がない

・存在価値を感じられない

・漠然と緊張、不安などがある

・苦手な人が親のような人

・感情を感じにくくなっている


などなど、他にも多々あります。

リエンゲージメントでは、このようなことにも取り組まさせていただいてます。

adc625926bc91cf55aae6f5699e3eb96_s.jpgのサムネイル画像根本的に元気になっていただきたいですからね。

私たちの得意は、「ネガティブパターンの繰り返し」を解消することですから。^^

ネガティブパタンを繰り返さない秘訣はメルマガでお伝えしています。

どうぞ、お読みくださいね。^^

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像

カウンセラーになるのに必要なのは良い話や経験ではなく方法です 

●カウンセラーになるのに必要なのは良い話や経験ではなく方法です   

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕洋(いわぶちひろし)です。

ちょっと不思議な話をします。

「心が癒される=感動する、泣くなど」と思っていませんか?

3bd51795c009cd584ce3a3b063bf344c_s.jpgのサムネイル画像え?そうじゃないんですか?と思いますよね。

泣いて、わめいて、感情を吐き出したら、スッキリする。

カタルシス効果とも言われます。

では、では、人は感動映画を見続けたり、泣くことを続ければ、悩みが解決されるのか?

どう思いますか?

良い話って感動します。

人の心をつかみます。


でも、それがピンと来ない人にはまったく響かない。

友人や家族、部下が相談してきて、良い事を言ったのにスルーされた経験ありませんか?^^;

私は、あります!(笑)

また、一般的にカウンセリングを受けると、泣いたり吐き出させられたりすることが多いのです。

でも、そこで大切なのは、その後本人にとって「何か変わったのですか?」です。

人は、良く「スッキリする」「感動する」「思い切り泣く」のように心が激しく動くと「癒された」と思います。

でも、ある特定の悩みに対して、本当に効果があったのかどうかは、確認しないとわかりません。

よくあるのが、一時的に心が動かされて「癒された!」と勘違いすることです。

そうすると、何度も何度も「それ」を得たいがために、カウンセリングに通うことになります。

それが、何年もかかるという形で起こることがあります。

では、どうなったら解決しているのか?

例えば、アダルトチルドレンの場合の一部ですが、

・漠然とした不安感が消えた

・漠然とした孤独感が消えた

・いつも思い出されると辛い父母のイメージが軽くなった

・そもそも、父母のことを思ってもなんともなくなった

・自分の子供に対して、関わり方が変わった

・子供を見ていても苦しくなくなった

・パートナーとの関係性が良くなった


トラウマ・PTSD症状だったら

・不安、予期不安が消えた

・同じ状況でもパニックにならなくなった


対人恐怖症だったら

・当然、怖くなくなった

となって初めて、「解決した!」ということです。

64713c317c7bbfa499fb8e2aa75b5d85_s.jpgのサムネイル画像美味しいご飯を食べて

・あー、美味しかった!!

という一時的な満足がありますよね?

でも、一時的なので、また食べたい。

このようなことが「カウンセリング」となっているのが現状です。

また、つらいことが起きたから「聴いてもらおう」

でも、私の現状は変わらないんだよね…。

そういうことが多すぎる。

そうすると、本当にいつまでも、いつまでも、何も変わりません。

私は今、NLPカウンセラーとして活動をしています。^^

私自身、以前は、自分自信がACであり、生きづらくて、うつっぽくなったりしたんですね。

まぁ、怒りっぽかったです。それが当たり前のようにしてましたし。^^;

今考えると、自分でも不思議なくらいですけれども。

でも、癒されるプロセスを経験してしまい、「なんだこれは!こんなことができる仕事があるんだ!」と正直感動したんです。

心というものってなかなか習わないですよね?

習っても「意識」で「お勉強」しちゃうと心のことじゃなくなっちゃうんです。

感情や感覚を感じたり、言語ではないものも含めて心なんですよね。


私は、癒しを仕事にしたいと思う中で、宗教やスピリチュアル、脳科学、自己啓発とか本をあさった時期がありました。

でも、「良い話」はたくさんあっても、「方法」が載ってるものは少なかったです。

私が探し当てたものの中では、座禅とか瞑想、あとは古典的な催眠療法くらいでした。

でも、これまた難しいんです。^^;

そうこうする中で、出会ったのが「アドバンスドNLP」です。

でも、最初は、これを読まれているみなさんと同様、「なにこれ?」でしたが。^^;

今は講師をしている私が、あえてカンタンにお伝えするならば、アドバンスドNLPは「良い話」ではなく、「方法」です。

心を整える、本質的な技術です。

なので、学びにいらっしゃっている方も様々です。

ご自身の癒し、カウンセラー、コーチ、セラピスト、人事の方、経営者の方、主婦の方などなど。

経験値がたとえ「バラバラ」でも自分のスキルにできる技術です。


本質的であるということは、どんな方でも学んでいく中で、癒されます。

脳や心の仕組みを扱っているのですから。

カウンセリングを受ける方が、「いずれカウンセラーのようになりたいんです」とおっしゃることは、とても多いです。

癒されて、乗り越えてしまえば、あなたの過去は「財産」なのです。

だから、カウンセラーは、自分の癒しを、きちんとおこなっていかなければいけません。

なぜなら、クライアント様に引きずられては、失礼だからです。

でも、心配しなくても、ちゃんとした「方法」がありますので、よろしかったらメルマガに登録してくださいね。^^

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像


カウンセラーという夢をあきらめないことが出来た理由

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

カウンセラーという夢をお持ちの方でも、学ぶうちに挫折するかたの話も多いです。

・人生経験がものを言う

・様々な知識を得なければならない


そのように一般的に言われるスクールもありますし、そのように思われてしまいがちです。

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s.jpgのサムネイル画像
でも、NLPを前提として考えた時に、本当はそこまで複雑ではありません。

秘訣は「悩みの構造」にあります。

例えば、以前もお話しましたが、

・スポーツのトラウマからくる「イップス」という症状

・普通のトラウマ・PTSD症状


私たちのスキル=アドバンスドNLPでは両方とも同じように捉えます。

あなたが、イップス=スポーツのトラウマを癒すのにスポーツに精通している必要がないのです。

付け加えて言うなら

・不安症状

・苦手な人や状況に対する緊張

も同じように扱えます。


でも、同じように「キリがない」気がして、苦しまれる方も実際にいらっしゃいます。

受講生さんの体験談です。

カウンセラーは学べば学ぶほど奥が深く、遠い道のりだと痛感しました。

クライエントの方の悩みを聴いて、明確化できたとしても、解決に導く自身はまったく持てませんでした。

そんな時に出会ったのが、チェンジファシリテーション=アドバンスドNLPでした。

私のカウンセリングの概念は大きく変わりました

驚きと衝撃でした。

(大げさな表現のように思われるかもしれませんが、今まで教わった内容とは全然違っていましたので

タイムライン」のエクササイズで、覚悟を決めて三年後にカウンセラーになっている自分を想定しました。

その時、様々な障害を乗り越えて、カウンセラーになっている自分をイメージすることが出来ました。

何が起こったのかわかりません。

その時、私は確かに三年後にカウンセラーになっていました。

改めて、夢を追い続けて行きたいと思えるようになりました。

一日セミナーに出て、衝撃を受けた彼女は、当スクールで現在一年半ほど学ばれています。

チェンジファシリテーション=アドバンスドNLPに出会うまでは、たくさん学んで学んで、逆に「私には出来ない」と思っていた彼女。

それが、三年後に出来るかも?と思うようになってから一年くらいでしょうか?

デビューの日はもう間もなくでしょう。

私たちのスクールでは「思ったより早く叶う」ことも当たり前に起きます。

他にも、ブログコンサルを受けている方がいます。

みなさんのブログの指導をしているのは岩渕先生です。

今までに紆余曲折し、

・ブログ作成

・SEO対策

・ブログヘッダーづくり(フォトショップやイラストレーター)

・パソコン教室

・集客教室

・文章講座

などなど

たくさん遠回りして、かき集めてきた内容を「ぎゅっ」と短時間でお渡ししています。

パソコンが苦手な人にも、わかりやすくお伝えして。

実は、みなさんのブログのヘッダー部分も岩渕先生が作っています。

また、コンサルを受けながら心を整えたり、ネガティブな引っ掛かりも解消していきます。

私も最初は、「一週間くらいでブログを作るのかな?」と思っていたのですが、岩渕先生いわく、「体裁整えて、ヘッダー作成まで、他のことをやらなければ一日ですね」ということです。

早い!!

カウンセリングも「早い」ですが、ブログ作成も「早い」ですね。^^

また、ある卒業生さんが「朝から5時間格闘したけど、ブログの直し方がわからない…」

と、岩渕先生に泣きを入れてお願いしたところ

10分で直した?!そうです。^^;

たくさん、時間をかけて「他のカウンセラーさんも活躍して欲しい」と学んできたからこそですね。

実は、彼女も「何十年も学んできたけれど、デビューできたのはチェンジファシリテーションに出会ったから」という一人です。

これを見たみなさんにはお伝えしますが、ブログの文章も体裁も実は法則があります。

法則を「知っている」「知らない」だけでお客様のお申込みも変わってしまうんです。

せっかく、スキルを学んだのに本業をするまでに、他にも学ぶことがあるのは「大変」です。

そのためのブログコンサルです。

そのためのチェンジファシリテーション=アドバンスドNLPです。

みなさんのカウンセラーの夢が「早く」叶うお手伝いをしています。

スクールの体験説明会は5月開催です。

6月の東京週末コースに間に合いますよ。^^

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像

自分のことをいつも後回しにしてきたあなたへ アダルトチルドレン

●自分のことをいつも後回しにしてきたあなたへ アダルトチルドレン

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕洋(いわぶちひろし)です。

みなさんは自分のことを大事にしていますか?

6570fc767da93d2ecba4d62dfba2d545_s.jpgのサムネイル画像
「なかなか子供が優先で…」

「家族のことが一番で…」


そのようになっていませんか?

でも、実は…

心の世界では、まず、自分のことを大事にすることが大切です。

もちろん、他の人に愛情を注ぐことはとっても大事。


ここで、あえて取り上げているのは、

「何をさておき相手が一番」とか

「自分の意見、考えより他人の意見を聞く、優先する」

という行き過ぎている人です。


「ハッ!!」としませんか。

私もどっちかっていうと、自分のしたいことは出来なかったタイプなので、気持ちはわかります。

でも、それが続いていくと、いつか折れます。

自分を押し殺して、ぐっとこらえて我慢し続ける。

ずっと、押さえ続けられていたら、折れたり、破裂したり、元に戻りにくくなってしまいます。


アダルトチルドレンの方でこんなことをよく聞きます。

「人のことばっかり優先で、ずっとそう思ってきて…疲れちゃいました」

「自分のことは後回しなんです」

「私、楽しんじゃいけないんです」


機能不全の家庭で育ったために、父や母の役割をになってしまった人。

自分の意見を言うことが当たり前に抑えられてきた人。

「あなたはいい子ね」と魔法の言葉でいい子を演じてきた人。

それが当たり前になり、大人になってから、ふと「虚しさ」「生きづらさ」「自分の存在価値のなさ」に気付きます。

「私は誰のために生きているの?」「楽しんじゃいけないの?」などなどで…ポッキリ折れてしまうんです。

そんなかたは、自分を大切にしましょう。

何はともあれ、まず、自分を癒すことが大切です。

64713c317c7bbfa499fb8e2aa75b5d85_s.jpgのサムネイル画像
自分にご褒美やプレゼントを与えるもよし、一人旅に出るもよし、子供の時にできなかったことにチャレンジするもよし。

そんな自分にとってのちょっとした大きなチャレンジは、他の人は、結構簡単にしてるものです。

やってはいけない気がするのは、「ただの呪縛」です。

そう刷り込まれてしまっただけ。

こんなちょっとしたことでも、長年の呪縛から解き放たれたりするきっかけになりますよ。^^

今まで散々他人のために尽くしてきたあなたは、これからは自分のために生きましょう。

そして、十分に癒されたら、自然にまた人のお世話を「本当の意味」でできるのです。

よろしければ、メルマガもお読みくださいね。^^

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像

トラウマ(心のダメージ)克服

●トラウマ(心のダメージ)克服

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

トラウマって言葉は日常的に使われていますね。

悲しい女性.jpg医学的には定義がありますが、広い意味で捉えていただいて大丈夫です。

要は、「思い出すと不快な感情や生理的反応が強く出る」

ということで構いません。

なぜなら、その人その人によって違うからです。

例えばで言うと

・本人も忘れているような親の一言が人生を縛っていた

という場面をよく見るからです。

忘れているなら、影響ないのでは?と思いますよね。

そうなんです。

そこが落とし穴です。

もちろん、人は一年365日、同じことばかり考えているわけではありません。

日々の忙しさの中で、普段は「忘れている記憶」が多いのです。

それが普通です。

でも、思い出そうとした時、あるいはふと何かによって「引き金」を引かれて自然に思い出した時。

不快な感情や生理的反応が出るのであれば、

「ただ、単に普段は表面に出ていないだけ」なのです。


本当に「忘れる」とは「普段は忘れている」のではなく「思い出そうとしても思い出せない」ということです。

感情のラベルが張り付いていないため、忘れてしまうのです。

そして、普段は忘れていても、あなたの人生を縛っていることもあるのです。

・あなたが男の子だったら良かったのに…

と母親に言われて、何十年と自己否定してきた女性がいます。


でも、その原因に気づいたのはカウンセリングのセッション中です。

悲しい子供トラウマ.jpgそれぐらい、トラウマは顕在化しないこともあります。

また、例外的に「忘れる」という防御反応が出ることがあります。

それは、感情や感覚的に強すぎる出来事の時です。

そういう出来事は「乖離」(かいり)することで、無意識は心を守ろうとします。

そうすると、別の苦しみがあったりします。

今日は、この部分には触れません。

お話は戻って、トラウマです。

「あの人に言われたことが忘れられない。」

「あの人の態度が忘れられない。」

「あの時の経験が忘れられない。」


トラウマ(心的外傷)というのは、長い年月が経っても同じ苦しみとして思い出されるものです。

「事故」や「災害」もそうですね。

過ぎ去ったはずなのに、今でもありありとあの時のことがフラッシュバックして蘇ります。

多くの人が

「トラウマ(心の傷)って癒せないんでしょ。」

と思っていらっしゃいます。

そんなことはありません。

癒せます。

また、

「トラウマを経験した時の原因が特定できれば解決する」

と間違った思いこみを抱いている人もいらっしゃいます。

古典的な催眠療法で癒すことを知らないセラピストは、出来事に直面させて余計つらくさせることがあります。

聴いたことがあるかもしれませんが、

「ふたを開けるだけ開けて放置される」

「パンドラの箱を開けられた」

と、いうことが起きています。

では、トラウマを克服するというのはどういうことかというと、

「客観的な事実として認識出来るようになり、心的ダメージが回復した状態」

のことをいいます。


NLP(神経言語プログラミング)の創始者は、1977年にトラウマ・恐怖症を克服するテクニックを公開しました。

以降、研究は進み、さらに短時間(ものによっては数分)でトラウマを克服するテクニックが考案されています。


今まで、何十年とカウンセリングを受けても、苦しみから抜け出せなかった人が、トラウマを数回のNLPセッションで克服し立ち直る人がたくさん現れています。

トラウマ克服 嬉しい女性.jpgまた、実際に就労移行支援事業所リエンゲージメントでは、職場でメンタルダウンされた方へNLPワークを提供させていただいています。

トラウマ(心的外傷)を克服し、心的ダメージの回復にご興味のある方は、アドバンスドNLPのコースやNLPカウンセリングでお伝えしています。

ご興味のある方はメルマガにご登録くださいね。

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像

イップスをNLPで克服する・スポーツ選手のトラウマ

●イップスをNLPで克服する・スポーツ選手のトラウマ

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。

皆さんは、イップスってご存知ですか?

スポーツ選手の方、スポーツ心理学を学ばれた方はご存知の方が多いでしょうね。

イップス 野球 克服.jpgイップスは、スポーツの中で起きる

「自分の思う通りのプレーが出来なくなる運動障害」

と定義されているようです。

今まで、何も考えずにボールを投げていた。

でも、投げようとすると、ボールを落とすことさえある。

今まで、意識せずにバットが振れた。

でも、あの、打てる感覚がわからなくなって、試行錯誤しているうちに身体が言うことを聞かなくなった。

今では、打てる感覚が全く呼び戻せない。

イップス ゴルフ 克服.jpg原因については主に

・過去のプレーでの失敗によるもの

・過度の緊張によるもの


に起因します。

このせいで、現役引退を考えるほど、ご本人にとってとても深刻です。

有名なのは、ゴルフや野球、テニスなどのようですね。

・思う通りに返球できなくなってしまった。

・投球しようとすると、ボールを落としてしまう。

・パターで思いっきり打ちすぎてしまう


などなど。

私、実はつい一年前まで、こういう症状を知りませんでした。

受講生でスポーツ心理学を学ばれた方が、個別相談でいらっしゃって

Aさん「イップスって知っていますか?」

私「知らないです。^^;なんですか?」

Aさん「あれやこれや……、ということでアドバンスドNLPって効きますか?」

そこでピンときました!!

私「あー、なるほど!!効きますね!!^^」

とお答えしたのです。

イップスは過去のトラウマに起因するものがほとんどのようです。

または、考えすぎて、思う通りの動作が出来なくなってしまう。

実は、コレ、両方とも対処できてしまいます。

もしも、

・トラウマに起因する場合

その過去のトラウマを解消すれば、イップスを克服できる。(ネガティブな記憶と緊張を切り分けます)

・考えすぎてしまう場合

考えすぎて動けないとい状態から、考えずに動ける状態に戻してあげると、イップスを克服できる。(思考・雑念が働かない状態にします)


ということが出来るからです。

私は一度、ゴルフをプレーする方のイップスをセッションした時に、トラウマ場面で身体が動かなくなる感覚が消えました。

私自身のカウンセリングでは、

・全般的なトラウマ、親子関係のトラウマ

を扱うことが必然的に多いのですが、中には

・パニック症状(電車恐怖、閉所恐怖、会食恐怖、外食恐怖、虫恐怖、異性恐怖、対人恐怖、高所恐怖などなど)

・病院で検査中にパニックが起きた

・ゴルフのパターでの緊張、恐怖場面

・おぼれかけたトラウマ(水に対する恐怖)

・音楽の演奏家の人の出演に関する恐怖

・歌手のコンサートに対する恐怖

などのうちの一つとして、ごくたまに、スポーツのトラウマもおこなっていました。

でも、おかげさまで、

イップスの克服に苦しんでいる人達がたくさんいる

ということを気づかせてくれたのです。

日本NLP学院のアドバンスドNLP(チェンジファシリテーション)はイップスの克服が出来ます。

ここでは、触れていませんが、ハイパフォーマンス状態、ゾーン状態も作れます。

無心で、考えずに最高のプレーが出来るようになるんです。

漫画なんかで描かれているかもしれませんが、あの状態を意識的に引き出すワークがあるのです。

意識的に引き出すのが難しく、偶然にしかなれないと思われているのが一般常識ですね。

講座を学ぶと、カウンセリング、コーチングはもちろん、イップスの克服を支援できるカウンセラー、コーチにもなれます。

この受講生さんは、初級コースから上級コースまで学びました。

とても努力家で「うーん、わからない」と頭をひねりながらも必死に努力したのです。

でも、その受講生さんは、つい最近、企業の人事をしながら競技者に関わる仕事に見事転職をされました。

素晴らしいですよね。

これから、競技者の方に深くかかわりたい。

メンタルを支えていきたい。

今、すでにその立場である。

そんな方にも、必ずお役に立つスキルです。

イップスメインではお話していませんが、スポーツ選手に置き換えて読んでいただけると、ヒントがあると思いますよ。

是非メルマガをご覧くださいね。

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像


12

« 2016年4月 | メインページ | アーカイブ | 2016年8月 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ